ivantiセキュリティ ivantiセキュリティ ivantiセキュリティ

ホワイトリスト方式による情報漏えい防止ソリューション/デバイスアクセス制御/USB暗号化/CD/DVDの暗号化/データ持ち出し時の盗難紛失対策

デバイスコントロール

top製品ivantiデバイスコントロール > よくある質問
Lumensinセキュリティ試用版申込


ivantiデバイスコントロール
ivantiアプリケーションコントロール


デバイスコントロールよくある質問/回答

こちらでは、サポートセンター宛によせられる質問で、頻度の高いものをQ&A方式でご紹介いたします。ご購入前、ご購入後の基本的な情報検索に、こちらをご利用ください。

Q 01:サーバOSの情報漏洩対策はできますか?

01:回答
はい、できます。ivantiデバイスコントロールは、Windowsサーバ2000及び、2003に対応しています。

戻る

Q 02:ivantiデバイスコントロールは、どのようにして情報漏えいを防止するのですか?

02:回答
USBメモリやハードディスクドライブなどのデバイスを安全に活用するためのソリューションです。デバイスに対するアクセス制御とリムーバブルデバイスの暗号化によって、一般ユーザに負担をかけることなく情報漏えい対策を行うことが可能です。

戻る

Q 03:私物のUSBメモリを接続して使えますか?

03:回答
ivantiデバイスコントロールはホワイトリスト方式のため、許可されていないデバイスは一切使用できません。

戻る

Q 04:ivantiデバイスコントロールで制御できるデバイスにはどのようなものが含まれますか?

04:回答
次のデバイスおよび接続方式のアクセス制御が可能です。
対応デバイスタイプ
・USBフラッシュメモリ ・MOドライブ ・iPod他シリコンオーディオ機器・携帯電話 ・PDA
・テープドライブ・ハードディスクドライブ・フロッピードライブ ・バイオ機器
・モデム・ワイアレスLANアダプター・デジタルカメラ ・CD/DVDレコーダー
・スキャナー ・スマートカードリーダー・USBプリンタ・ZIPドライブ
対応接続方式
・USB ・FireWire ・BlueTooth・WiFi ・PCMCIA ・PS/2
・LPT ・IrDA ・IDE ・COM ・S-ATA ・SCSI

戻る

Q 05:MO(光磁器ディスク)の使用制御による情報漏洩対策はできますか?

05:回答
はい、MO(光磁器ディスク)に対しても、ユーザ、ユーザグループ別、マシン別のアクセス制御により、 情報漏洩防止が可能です。 また、USB接続、FireWire接続等、あらゆる接続方式のMOに対応しています。

戻る

Q 06:ネットワーク内でリモートインストールできますか?

06:回答
可能です。リモートインストールのツールが製品に含まれておりますので、他のツールを使うことなくクライアントに展開することが可能です。MSIインストールツールにも対応しおりますので、そちらを使用してリモートインストールすることも可能です。

戻る

Q 07:リモートインストールの他にどのようなインストール方法がありますか?

07:回答
ディスクイメージによる配布、ADのグループポリシーによる自動インストール、CDからのインストールが可能です。

戻る

Q 08:一般ユーザがivantiデバイスコントロールを停止したりアンインストールすることはできますか?

08:回答
いいえ。一般ユーザによって停止やアンインストールされることはありません。ivantiデバイスコントロールのインストールされた環境では常にセキュリティが保たれます。

戻る

Q 09:管理者権限のあるユーザがivantiデバイスコントロールを停止したりアンインストールすることはできますか?

09:回答
いいえ。ivantiデバイスコントロールは管理者権限のあるユーザでも停止やアンインストールすることはできません。常にセキュリティが保たれます。

戻る

Q 10:PCを使用中に新たにUSBメモリのアクセス許可を受けた時、ユーザは再起動や再ログインをする必要がありますか?

10:回答
いいえ。ユーザは再起動や再ログインをすることなく使用開始することができます。アクセス権の変更は管理コンソールからプッシュされて即時反映されます。

戻る

Q 11:アクセス権の設定は、コンピュータ別に行うのですか?

11:回答
いいえ。デバイス別にユーザまたはユーザグループに対してアクセス権を設定しますので、どのPCを使用しても同じ権限が適用されます。また、コンピュータを限定したアクセス権の設定を行うことも可能です。(印刷用PC、CD作成用PCなど)

戻る

Q 12:ivantiデバイスコントロールに対して、ユーザやユーザグループの登録を行う必要がありますか?

12:回答
いいえ。ドメインから情報を取得する機能があるので、改めてユーザやユーザグループの設定を行う必要はありません。また定期的にドメイン情報と同期をとることが可能です。

戻る

Q 13:ivantiデバイスコントロールの導入にはActiveDirectoryが必要ですか?

13:回答
ivantiデバイスコントロールはActiveDirectoryの情報を取得できますが、そうでない環境でも使用することが可能です。

戻る

Q 14:NovellのeDirectoryに対応していますか?

14:回答
はい、対応しています。eDirectoryと連携して、デバイスの使用制御を行うことができます。

戻る

Q 15:ivantiデバイスコントロールはNTドメインやワークグループの混在した環境でも使えますか?

15:回答
はい。ivantiデバイスコントロールは、ActiveDirectoryの他、NTドメイン、ワークグループ、または混在している環境にも対応しています。

戻る

Q 16:アクセス許可の配布にはバッチ処理やグループポリシーが必要ですか?

16:回答
いいえ。アクセス許可の配布は次の方法で行うことができます。
・管理コンソールからのプッシュによるネットワーク全体への即時反映
・管理コンソールからのプッシュによるネットワーク全体への即時反映
・クライアントログオン時のアップデート ・定期的に更新
・オフラインでのエクスポート/インポートによる更新

戻る

Q 17:オフラインのコンピュータにアクセス許可の配布をできますか?

17:回答
はい。ivantiデバイスコントロールのポリシーファイルのエクスポート/インポートにより可能です。

戻る

Q 18:読み込みのみのアクセス許可の設定をできますか?

18:回答
ホワイトリスト方式で、各デバイスに対して読み込みのみ(リードオンリー)または読み/書き(リード/ライト)の設定をユーザ/ユーザグループ別に設定することが可能です。

戻る

Q 19:クライアントPC上でivantiデバイスコントロールの稼動状況をユーザが見ることができますか?

19:回答
いいえ。ivantiデバイスコントロールはカーネルレベルで動作するため、ユーザが見ることはできません。

戻る

Q 20:USBを暗号化することはできますか?

20:回答
また、暗号化されていないUSBメモリへの書き出し禁止により、情報持ち出し時には、必ず暗号化されるようにして、情報漏えいを防止することが出来ます。

戻る

Q 21:市販されている暗号化USBメモリの使用をivantiで制御できますか?

21:回答
はい、暗号化USBメモリをユーザ/グループ別にアクセスコントロールすることが可能です。また、ivantiデバイスコントロールでは、通常のUSBメモリを暗号化USBメモリにする機能も提供しています。

戻る

Q 22:管理者ユーザに対して、市販されている暗号化USBメモリの使用をリードオンリーで許可することができますか?

22:回答
はい、 管理者権限を持つユーザおよび一般ユーザのどちらに対しても、リードオンリーでのアクセス許可が出来ます。

戻る

Q 23:DVD/CDの暗号化はできますか?

23:回答
はい、できます。DVD/CDへのデータの書き込み時に暗号化処理を行ない、パスワードでセキュリティをかけることができます。 また、暗号化しない場合には、DVD/CDへのデータの書き込み不可とすることができ、情報の平文での持ち出しを禁止し、情報漏えいを防止することが出来ます。 暗号化DVD/CDの閲覧は、組み込まれているビューアソフトにパスワードを入力して行います。特別なソフトは不要です。

戻る

Q 24:アクセス権の変更やデバイスの使用を拒否された場合、ユーザに対してメッセージを出すことができますか?

24:回答
はい。アクセス権変更の場合は変更が行われた旨のメッセージ、デバイス使用拒否時のメッセージはユーザやデバイス別にカスタマイズしたものを表示することが可能です。

戻る

Q 25:特定のUSBメモリのみ使用許可を与えることができますか?

25:回答
はい。USBメモリに含まれるシリアルナンバーを識別して個別に管理することができます。メーカーやモデル別の使用許可を与えることも可能です。

戻る

Q 26:外付けのDVDライター等のデバイスを個別に管理できますか?

26:回答
はい。ivantiデバイスコントロールは、PCに接続されるデバイスへのアクセスをデバイスクラス、メーカー型番、シリアルナンバーによってユーザ/ユーザグループ別にきめ細かく制御するアクセス制御ソリューションがベースとなっており、情報の持出し/持込みのきめ細かいコントロールを行うことができます。

戻る

Q 27:特定のCD-ROM(DVD-ROM)のみ使用許可を与えることができますか?

27:回答
はい。CD-ROMやDVD-ROMの内容を元に解析を行うことによって個別に識別し、ユーザにアクセス権を与えることが可能です。

戻る

Q 28:デバイスへのアクセスを一時的に許可することはできますか?

28:回答
→はい。通常禁止されているUSBメモリへのコピーを一時的に許可し、管理コンソールからのプッシュによりその場で反映することが可能です。

戻る

Q 29:ログを取ることはできますか?

29:回答
はい。ユーザのデバイスへのアクセスログと管理者の設定変更ログを取ることができます。

戻る

Q 30:デバイスにコピーされた内容を後で確認できますか?

30:回答
はい。シャドウイング機能によりコピーされたデータそのものを記録し、ユーザログと併せて確認することが可能です。持ち出されたデータと持ち込まれたデータの両方に対応しています。

戻る

Q 31:約10000クライアントのネットワークに導入できますか?

31:回答
はい。1台から十数万台までの実績があり、規模に合わせた導入が可能です。

戻る

Q 32:外部に持ち出すデータをPDFファイルだけにしたいのですが。

32:回答
ファイルフィルタリング機能によって、持ち出し/持ち込みデータのファイル形式を限定することが可能です。(例:持ち込みはオフィスファイルのみ、持ち出しはPDFファイルのみ)

戻る

Q 33:Safemode起動時も制御はされていますか?

33:回答
→はい。Safemode起動時も同様の制御を行います。

戻る

Q 34:自社で開発した業務用計測器(USB接続)は制御されますか?

34:回答
はい。自社開発や新種のデバイス等、未知、あるいは特殊デバイスはユーザー定義デバイスとして登録し制御可能です。

戻る

Q 35:コマンドにする書出しは止められますか?

35:回答
→はい。コマンドプロンプトを利用した書き出し等も同様に制御されます。

戻る

Q 36:CDやDVDのライティングソフトを使った場合はどうなりますか?

36:回答
ivantiはデバイスへのアクセス自体を制御しますので、
ライティングソフトの有無・種類を問いません。

戻る

評価版ダウンロード

トップページへ

会社概要 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ