HEATエンドポイントセキュリティ HEATエンドポイントセキュリティ HEATエンドポイントセキュリティ

ホワイトリスト方式でデバイス制御・暗号化 / アプリケーション制御(ウイルス対策,スパイウェア対策)/ IT統制・コンプライアンスの自動化(PCI DSS,ISMS)

top導入事例>ハンプシア州立図書館
Lumensinセキュリティ試用版申込


2010 SC Magazineアワード・ヨーロッパBest Security Management部門
Highly Commended賞受賞

"HEATデバイスコントロール導入の最大の利点は、市販暗号化USBメモリをきめ細かくコントロールできること....."
詳細へ

"私たちは社員にPCを供給する際、それがどのように働き維持されるかを知ることは大きな安心でもあります....."
詳細へ

"HEATデバイスコントロールを選んだのは、全く強力で、使い勝手の良い製品だからです...."
詳細へ

"デバイス別のフレキシブルな管理がHEATでは可能なこと。
関連会社で導入済みの暗号化を中心とするソリューションのキーマネジメントが大きな負担をかける..."
詳細へ


ハンプシア州立図書館(イギリス)様

ユニシス社の推薦で350台のPCにHEATRアプリケーションコントロールをインストールしたのは3年以上前の事ですが、非常に大きな助けとなりました。

導入背景

2002年、政府はピープルズネットワークという、イギリス全土の図書館で公的にインタネットアクセスを提供するプロジェクトを打ち出し、その初期投資は公営宝くじの収益で賄われました。ハンプシア州ではハンプシア州議会の一部署、ハンプシア図書情報サービスがプロジェクトを担当し、州に54ある図書館それぞれに2mbpsの回線を備える事を決定しました。

PCの数は小さな図書館の1台から、大きな図書館の20台以上まで様々で、実行されるすべてのWindows XPソフトは2台のセントラルサーバーに接続されています。州全土に配備されたPCの合計インストール台数は現在300にも上り、この数字は将来に渡って増えていく事でしょう。このサービスは無料で利用可能で、誰でも情報技術の恩恵を得られるようにする中央・地方政府の計画の一環です。

ピープルズネットワークはハンプシア図書情報サービスの開発責任者、カースティ・ロビンソン氏の活躍によって前例のない成功を収めました。「コンピュータはひと月に平均44,000セッションで、26,000時間使用されています。図書館はコンピュータによく通じた人から初心者まで、幅広く個々の要求に応えます。利用者は求職者、学生、高齢者、学童と多岐に渡り、家にPCを持っていない子供が宿題をする為にPCを使用したり、外国の労働者がeメールで家族や友人と交流したりしています。」

課題

図書館に高速回線を導入する以前、各PCはダイアルアップモデム接続を採用しており、ユーザーがコンピューターの根幹部分にアクセスできないように様々な方法を用いていました。地方の役所のITコンサルタントを行うマシュー・ウェート氏は以下のように述べています。「早急にもっと理解力のあるセキュリティソリューションを用意する事が必要だと判明しました。現行のソリューションは絶えず危険に晒され、ユーザーはデスクトップセキュリティを騙すあらゆる手法を見つけていて、頻繁にPCの設定を変えたり、持ち込んだソフトウェアをダウンロードしたりしていました。 言語設定が変更されていて次のユーザーがひどく戸惑うなどといった出来事は幾度もありました。多数の現場を訪れてPCを復元したり、これらはつまるところ全てウィンチェスターにあるヘルプデスクの余分な仕事になります。

ピープルズネットワークの導入はデスクトップセキュリティを見直し、他の選択肢を探るとても良い機会でした。ハンプシア州議会のシステムの総合的な発展の一環として、システムインテグレーターであるユニシス社はソリューションの推薦を依頼されました。

ソリューション

ユニシスはあらゆる望ましくないソフトの実行からデスクトップを保護するように設計されているHEATアプリケーションコントロール、エンドポイントソフトウェアを推薦しました。ウイルス、トロイの木馬、スパイウェア、その他マルウェア、単純に望ましくないソフトまで、全てです。この技術はホワイトリスト方式に基づいています。これは明記された実行可能なソフトウェアをすべて確認し、許可されているそれらのソフトウェアのみPC上での実行を許可するもので、他の全てはデフォルトで禁止されています。

マシュー・ウェート氏は以下のようにも述べます。「HEATアプリケーションコントロールはInternet Explorerや各種Microsoft Officeソフトウェアを含め、私達が実行したいソフトウェアのイメージを作り上げる事を可能にします。 デフォルト禁止により、ユーザーがシステムに損害を与えるソフトウェアをダウンロードするのは防がれます。ユーザーにとっても、重要なのは信頼性と堅実性です。図書館に来て、いつでも同じようにPCが使える事を必要としているのです。」

彼は以下のように続けます。「現在、新しいソフトウェアを追加する時や現行ソフトウェアをアップデートする時には1台のマシンで変更を加えるだけです。それからイメージをスキャンし以前スキャンした時と比較を行います。差異を見て実行させたいアプリケーションまたは実行可能ファイルをアクセス可能にします。」

効果

HEATアプリケーションコントロールの導入はサポートリソースの面で劇的な効果があったとマシュー・ウェート氏は述べています。「我々のチームはたった10人ですが、図書館だけでなく他のハンプシア州議会の業務、たとえば財務やソーシャルサービスネットワークまでサポートしています。私達は図書館から毎週定期的に呼び出しを受けていました。これはチームにとって大変な作業量でしたがHEATアプリケーションコントロールの導入後は一度も設定変更やソフトウェアのマシンへのダウンロードが原因で招集された事はありません。ピープルズネットワークの実行には多くの課題がありましたが、HEATエンドポイントセキュリティが私達をがっかりさせた事はありません。ピープルズネットワーク上で扱うのに最高のソフトウェアです。」

カースティ・ロビンソン氏は以下のように付け加えます。「追加導入したセキュリティ措置でスタッフも楽になりました。不慣れなPCユーザーにとって、親しみがあるデスクトップ環境が見られる事はとても重要です。一般利用者はコンピュータを使いに来た時には、前回と同じデスクトップが見られる事を期待しています。」

その他の効果として業務の有効性の向上があります。「以前のシステムでは、PCは頻繁に使用不能になり、職員やサポートスタッフが復旧させるのを待つばかりの状態になりました。現在ではPCのダウンタイムの大きな原因の1つを完全に失くす事が出来ました。」彼女はこう続けます。「大抵の人はPCが家でやるようにカスタマイズ出来ないのは公共のサービスだからだと理解してくれていますが、未だPCに何かしようとするケースはあります。この場合もHEATアプリケーションコントロールによって、単純にそれが不可能な事だと気付いてもらえます。

将来の計画

将来的には、議会はいくつかの図書館を、旧来の図書館サービスに美術館、文化遺産展示、その他レクリエーション施設を併設した「ディスカバリーセンター」に移行しようと計画しています。現在の図書館の2倍以上の公共コンピュータを置けるようになるので、信頼性はいっそう重要な問題となります。オディハム図書館に小さなディスカバリーセンターは1つが既にオープンしており、ゴスポートとウィンチェスターでも同様のプロジェクトが進行中です。カースティ氏は以下のように述べています。「私達はLmensionのソフトをIT防護に絶対に欠かせない要素だと考えています。PCをいつでも誰でも確実に利用可能にするのを助けてくれるのです。」

セールスサポート/ユーザサポート

トップページへ

会社概要 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ