HEATエンドポイントセキュリティ HEATエンドポイントセキュリティ HEATエンドポイントセキュリティ

ホワイトリスト方式でデバイス制御・暗号化 / アプリケーション制御(ウイルス対策,スパイウェア対策)/ IT統制・コンプライアンスの自動化(PCI DSS,ISMS)

top導入事例>EGG社様
Lumensinセキュリティ試用版申込


2010 SC Magazineアワード・ヨーロッパBest Security Management部門
Highly Commended賞受賞

"HEATデバイスコントロール導入の最大の利点は、市販暗号化USBメモリをきめ細かくコントロールできること....."
詳細へ

"私たちは社員にPCを供給する際、それがどのように働き維持されるかを知ることは大きな安心でもあります....."
詳細へ

"HEATデバイスコントロールを選んだのは、全く強力で、使い勝手の良い製品だからです...."
詳細へ

"デバイス別のフレキシブルな管理がHEATでは可能なこと。
関連会社で導入済みの暗号化を中心とするソリューションのキーマネジメントが大きな負担をかける..."
詳細へ


EGG社様

HEATの無敵のセキュリティと生産性向上をシトリックスメタフレームサーバーに併せて

企業概要

Egg社はヨーロッパの最大手デジタル金融サービスプロバイダーであり、インターネットサイトとその他配信チャンネルを通して銀行業、保険業、投資、不動産業、ショッピングポータルを提供している。独立したWeb視聴者調査会社であるニールセン/ネットレーティングによる最新の調査結果によると、2002年6月におけるEgg社のユニーク閲覧者数は1,010,258人でした。これはUKとヨーロッパ本土の両者において最もポピュラーな金融系Webサイトに位置づけられます。

1998年10月の開業以来、Egg社は既に230万人の顧客を得てきており、2000人の従業員がロンドン、ダッドリー、そしてダービーにある事務所で働いています。

課題

Egg社は商品やサービスを市場に届けるにあたっての効果的なコスト戦略の選定を通してビジネス成長の維持を成し遂げてきました。同社のアプリケーション構成を選定する能力は、成功の重要な要素でした。これによりダービーのEgg社サービスセンターまで直接フィードバックを送る事が出来る従業員を300人近くも遠隔地に置いておく事が可能になっています。Egg社は遠隔地の従業員のデスクトップに必要なビジネスとトレーニングのアプリケーションを供給する為に、シトリックスメタフレームサーバーを多く使用しているという優位を利用してきました。しかし、この優位性には逆にビジネスの効率に影響を及ぼす危険も伴います。遠隔地のエンドユーザーのシステムとの接続を可能にする設備が、不正な目的で本社のメインネットワークにアクセスする為に使用されかねない事に関係していました。遠隔地の従業員トレーニングに使用されるアプリケーションはシステムリソースを強化するもので、権限を持たないユーザーが偶然実行してしまった場合にはサーバーのパフォーマンス低下とシステム崩壊の可能性に行きつきます。

Egg社が直面している課題は遠隔地の従業員が確実に特定の、許可されたビジネスアプリケーションのみにアクセス出来るようにする方法を見つける事でした。そのソリューションはこれらのニーズに応える必要があるだけでなく、配備は簡単で管理もシンプルかつ迅速に行える必要があり、システムはシトリックスメタフレームサーバー上でを無用な負荷を生まないものであるべきです。

ソリューションとその仕組み

Egg社はHEATsofrtware の開発したHEATアプリケーションコントロール・ターミナルサービス版を選択しました。なぜならそのソリューションはセキュリティと管理、必要な身元確認の全てを満たしたからです。 HEATアプリケーションコントロール・ターミナルサービス版はターミナルサービスとシトリックスメタフレーム環境をきれいに統合します。他の全員がブロックされる中、どのユーザーが(もしくはどのユーザーが所属しているグループが)アクセスを許可されるかをアプリケーションのリストに反映する為にユーザー証明を活用します。そのユーザーが他のどんなファイルを実行しようとしても(ウイルスや他の許可されていないアプリケーションを含む)、実行は失敗するでしょう。

アプリケーションアクセスコントロールポリシーはHEATマネジメントコンソールにより中央から簡単に管理できます。ユーザーもしくはグループに対するポリシーのあらゆる変化はシトリックスメタフレームサーバー上に存在するクライアントソフトウェアに反映され、即座に効果を発揮します。

効果

Egg社のHEATアプリケーションコントロール・ターミナルサービス版をシトリックスメタフレームと併せて活用するという決断は高い効果を上げ、厳しい条件を完全に満たし業務モデルを支援する柔軟なアプリケーション管理システムを供給してきました。

管理者は現在も中央管理が可能で、どのアプリケーションがどのユーザーに実行されるかを調整するポリシーの展開も容易です。

中央で他の業務をこなしながらアプリケーションのアクセス許可の管理、変更をする事が可能です。 誰がいつトレーニングアプリケーションを実行するかをきっちり制御を行う事で、シトリックスメタフレームサーバーの回復力は現在も保証されています。 シトリックスメタフレーム環境に最適化されたアプリケーションコントロール・ターミナルサービス版のおかげで、Egg社は作業効率に打撃を受けることなくビジネス上の目標を達成しました。シトリックスメタフレームサーバーのセキュリティはアプリケーションと設備の制御を通して有意義な強化をされてきました。

セールスサポート/ユーザサポート

トップページへ

会社概要 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問合せ